HOME>トピックス>プロのテクニックを映像に

プロに任せたいときの流れ

動画制作

動画制作は、知識のない人が個人的に作ることも出来ますが、プロのクオリティーのものを作りたい場面もあるかもしれません。そんなときは、もちろんプロにお願いすることになりますが、まずはどんな流れで制作をしていくのかを理解しておきたいものです。動画制作の発注や制作、期間はどのくらいかかるかなどの不安要素を少しでも解消してから行動に移せるように説明していきます。

気持ちの部分まで伝える大切さ

動画制作をプロにお願いする場合、まずはどのような動画を作りたいのか、制作目的やどこで使用するものなのかなど、細かく伝えることが重要です。業者によるヒアリングで制作に至ったきっかけなどの気持ちの部分までしっかりと打ち合わせをすることで、動画のイメージなどの意見も提案しやすくなったり方向性もはっきりとしたりしてきます。更に、話を進めていくうえでモデルや役者が必要な場合はオーディションを行ったり、色々と準備したりすることが明確になっていくので、それによって制作期間の目安も提示できます。

企画が仕上がってからの発注

細かい部分や方向性、演出などがしっかりと決まって初めて発注をする形になります。費用面の説明を経て、発注を正式に受けてからモデルや役者のオーディションなどの準備を進めていき、動画制作に入っていきます。まずは改めて企画設計を作って確認してもらい、問題がなければ映像コンテンツの制作に進みます。依頼者の確認作業と編集を繰り返して完成後に納品されます。これが簡単な流れになります。スムーズに動画制作を進める為には、業者に持ち込む際にしっかりとした制作に向けた気持ちや完成イメージを伝えることが大切かもしれません。